レンタルCGI アクセスランキング フェンリルの遠吠え 武豊を超える男!? 三浦皇成G初騎乗決定!!
FC2ブログ
フェンリルの遠吠え
不定期にその時に起こった出来事を語ったりしてます。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武豊を超える男!? 三浦皇成G初騎乗決定!!

競馬にあまり興味がない方でも、少し前ならオグリキャップ、最近であればディープインパクトといった馬名はご存知の方が多いだろう。そして、両馬に跨っていた騎手武豊は、大抵の方がご存知であるに違いない。

かつて、現在映画やドラマの脚本家として活躍されているとある方がひっそりと運営していた個人サイトの日記で、その方がディープインパクトの凱旋門賞挑戦に触れて、「実はディープインパクトよりも、今後武豊のような騎手が現れる可能性の方が少ないのではないか」といった旨のことを書かれており、確かに――と頷かされた記憶があるのだが、もしかしたら、ディープインパクト級のサラブレッドが再び現れる前に、現在の日本競馬界において、第二の武豊となりうる可能性をもった新人騎手が登場したのかもしれないのだ。

その新人騎手の名は、三浦皇成。この名前は是非覚えておいていただきたい。

武がデビューした1987年に挙げた勝ち星は69勝。正直なところ、この数字が破られることは2度とないと思っていたのだが、三浦は9月21日の開催が終了した時点で、残り3ヶ月以上を残し、武にデビュー年の最多勝記録を破られた加賀武見元調教師が60年に記録した58勝を既に上回る59勝を挙げている。これは、今後2日に1勝のペースで勝ち星を挙げれば易々と記録を更新できる計算で、怪我や長期の騎乗停止がなければ、最早記録の更新は間違いなしと見られている。

競馬ファンの方以外には馴染みのない名前で恐縮だが、かつてオールドファンが天才騎手といえば誰もがその名を挙げた福永洋一という騎手がいた。福永は落馬事故により引退を余儀なくされたが、その息子である祐一が、現在JRAの騎手として活躍している。祐一はデビュー戦から2連勝を飾り、天才二世として一般のニュース番組のスポーツコーナーなどでもその様子が取り上げられたが、それでもデビュー年の勝ち星は53勝に止まった(止まった、と言うのが憚られるほどの素晴らしい数字なのだが……)。


そして、そんな三浦が10月5日に行われる、秋の短距離王座の座を賭けたGレース・スプリンターズステークスにおいてG初騎乗を果たすことになったのだ。ちなみに武がG初騎乗を果たしたのは、デビューした87年11月8日の菊花賞であるのだが、この当時はスプリンターズステークスが現在の時期に行われておらず、秋のGシリーズ開幕を告げるレースが10月末に行われる秋の天皇賞であったため、比較することはできないのだが、GII・GIIIを含めた重賞レース(厳密には国際交流競走を除き、GではなくJpnと表記するように改称されているのだが、ここではGで統一する)においては、三浦は武よりも早くに初勝利を挙げている。

三浦の騎乗が内定しているプレミアムボックスは、春の短距離王決定戦であるG高松宮記念において10着に敗れてはいるものの、そこで優勝したファイングレインが休養を挟んで迎えた秋初戦のセントウルステークスで9着に破れ、高松宮記念で1番人気に支持され3着に破れたスズカフェニックスも、武騎乗で1番人気に支持されるも8着に破れるなど、今秋の短距離路線は本命不在の混沌とした争いになることが予見される。三浦にG初騎乗初勝利という究極の大偉業を期待せずにはいられない向きも多いのではないだろうか。かくいう筆者もその1人だ。

武が、スプリンターズステークスと同日に、フランスのロンシャン競馬場にて行われる凱旋門賞にて、メイショウサムソンに騎乗することが決定しているため、去年のような馬インフルエンザ問題などがなければ、三浦と武の対決は実現しない運びだが、とにもかくにも、サムソンの走りも含めて、10月5日は競馬界において、歴史に刻み込まれる1日になるやもしれない。日頃競馬に親しんでいない方にも、是非注目していただきたい。

ツカサネット新聞


もうかなり前から注目されている三浦皇成騎手。

誰にも破られる事はないと思われていた武豊騎手の

新人最多勝記録。

よっぽどの事がない限り更新は確実で凄い新人が現れた

もんだと驚くばかりです。

正直言ってそんなにスター性のある人物には思えないけど

・・・ってかなり失礼ですね^^;

そんな彼ですが実力は成績を見れば一目瞭然。

明日のスプリンターズSで勝つ事があれば、GⅠ最年少勝利

も更新ですね。



今の競馬界では地方から実力ある騎手が移籍してくる時代。

新人や若手にはかなり厳しい時代です。

多くの騎乗馬を確保し、多くのレースに乗って経験を積む事も

難しいのです。。。

そんな中にあって今年デビューしたばかりの彼がこれだけの

勝利を獲得してるのは驚異的としか言いようがありません。



武豊騎手がトップの座について久しいですが、それを脅かす

存在がこれまで出てこなかった事も淋しい現実です。

三浦騎手が競馬界に及ぼす影響は決して小さいものではない

と思います。

上位陣はうかうかしていられないし、下位に甘んじている人は

自分も!と奮起する事でしょう。

彼の登場で競馬界が活性化する事を強く望みますね。


あ、もちろん人だけじゃなく強い馬の登場も望みますよ♪





こちらを参考にどうぞ
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myfavoritesongs.blog37.fc2.com/tb.php/419-660bdd69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。