レンタルCGI アクセスランキング フェンリルの遠吠え 上地雄輔 「脱携帯電話生活」を宣言
FC2ブログ
フェンリルの遠吠え
不定期にその時に起こった出来事を語ったりしてます。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上地雄輔 「脱携帯電話生活」を宣言

タレントの上地雄輔が生まれ故郷の横須賀市で休暇を過ごし、都内に戻った後の13日、しばらくの間「脱携帯生活」に入ることを同日朝の公式ブログで宣言した。

 故郷が何かを感じさせてくれたのか。「海と山の町、生まれ育った地元横須賀。一旦帰ってメシ♪地元のバカ仲間、近所の船持ってるオッチャン、釣り好きのオッチャン、店やってるオッチャンオバチャン、漁師のオッチャン兄ちゃん、いつもいつもありがとう♪」とよほど楽しい時間だったのか、感謝の言葉を連ねる。「めばる、まぐろ、さば、いか、ワカメ、しじみ、しらす、魚卵などなど。ぁ海老がなかったな(笑)」

 楽しい時間が終わった。そして「そんな田舎のお騒がせ小僧、ゆーすけ。都内に戻りやしたが、しばしの間『携帯ナシ生活』に入らせて頂きまーす」と宣言に思い至った。

 雄輔は訴えかける。「君もあなたもあったでしょう 携帯がなかったあの頃!!携帯を持っていなかったあの時!!」

 友達の家のインタホンを鳴らして遊びに誘った思い出…中学時代は遠足や修学旅行で地図を頼りに目的地にたどり着いた時の達成感…高校生になって、彼女の家に電話したら父親が出たので切ってしまったことや…携帯のなかった時代をあれこれと懐かしみ、結論にたどり着いた。

 「超便利な携帯をちょいとだけ封印して、小さな画面を集中してうつ向いて見ずに、いろんな物、人、動物、海川山風空木々、月星太陽、全てを香ったり、聞いたり、見たり、触ったり、口にしたり五感で感じてみます!ちょっと待ってて♪」

 芸能人としての忙しい生活に戻った雄輔が、携帯の電源を切って過ごす経験から何を得るだろう。

デイリースポーツ





まさにどうでもいいニュースをここで取り上げてしまった。。。



この人、嫌いなんだよね。

バカを売りにして芸能界で生きてるのって・・・

“芸”があってこその芸能界。

バカで脳ナシは芸なのか?



ちょっと言葉が過ぎましたかね?



紳介がこの世界を去って、この人もそのうち

消えていくと思ったのに、しぶとく生きてる。

ん~・・・それこそがこの人の“芸”と言えるのか・・・




この人が携帯のない生活を送ろうと送るまいと、まったく

興味もないんですよねぇ。。。

ただ誰かが反応してくれたらいいかなぁ程度でここで

取り上げてみました。





元々来る人もホンっとに僅かなんで誰も目もくれないか(笑)



スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいかもしれないニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myfavoritesongs.blog37.fc2.com/tb.php/1123-69a836dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。