レンタルCGI アクセスランキング フェンリルの遠吠え 上田も“切れた”・・・同伴競技者が大ゲンカ
FC2ブログ
フェンリルの遠吠え
不定期にその時に起こった出来事を語ったりしてます。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上田も“切れた”・・・同伴競技者が大ゲンカ

「いやあ、最悪でした」とは、ホールアウトした上田桃子の第一声。「ホンダLPGAタイランド」の3日目。前半アウトは2バーディで折り返し、12番で3つめのバーディ。快調にスコアを伸ばしていたが、13番から6ホールで4ボギーを叩き、一気にオーバーパーへ。実は上田、この後半にまったく予期せぬトラブルに巻き込まれていた。「同伴の2人が、いきなりケンカを始めて・・・」。


同伴するキャロライン・ヘドウォルとフリエタ・グラナダのキャディは、それぞれ母親が務めていた。グリーン上の動きなど、細かい部分で双方の選手それぞれフラストレーションが溜まっていた予兆はあった、と上田は言う。そして、13番で受けたスロープレーの警告が契機となり、互いの感情が爆発した。

14番のセカンド地点で、ティショットを曲げたヘドウォルがフェアウェイに出そうとしたところ、前方にグラナダの母親がプレータイム短縮のために先んじて歩測を行っていた。そこで、怒気をはらませたヘドウォルの言葉に対してグラナダが応戦。「私のお母さんに、なんてことを言うのよ!」。

最終的には感極まり、2人とも泣き出してしまう始末。険悪な状態はホールアウト後まで続き、上田は「こういう雰囲気は初めて。疲れちゃいました」と声を落とした。

「今日は心を静かに、落ち着いて回ろうと思っていた」というプラン通りの前半から一転、周囲の喧騒により集中力を切らされる展開へ。双方のキャディからは詫びの言葉を受けたというが、本当に泣きたかったのは上田の方だったろう。「調子は良いので、明日は頑張りたい」と気持ちの切り替えに努めていた。

GDO




こういうのって本当に迷惑でしかなく、同伴の二人も選手として

どうなんだろ?って思ってしまう。





ゴルフってメンタルの部分が結構大きいスポーツだと思うけど、

こんな場面に遭遇してしまってはスコアを上げる事はもちろん

維持するのすら難しいんじゃないかな。




上田選手もアメリカ参戦するようになって、なかなか活躍する

場面が減少している感があるけど、実力はあるんだし、まだまだ

これからだよ。




どんな事でもアクシデントはつきものだから、それに負けない

強いメンタルを持って活躍して欲しいですね。




スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myfavoritesongs.blog37.fc2.com/tb.php/1102-d42a4780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。