レンタルCGI アクセスランキング フェンリルの遠吠え .“大谷騒動”で浮き彫りになった問題点 国内球団は事前接触禁止も米はOK
FC2ブログ
フェンリルの遠吠え
不定期にその時に起こった出来事を語ったりしてます。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.“大谷騒動”で浮き彫りになった問題点 国内球団は事前接触禁止も米はOK

日本ハムからドラフト1位指名を受けた大谷翔平投手(18)=花巻東高=が9日、ついに入団を発表した。米大リーグ挑戦を表明しながら、心を動かされたという18歳の決断に吉か凶かの結論が出るのはまだ先。とはいえ、強行指名を受けてからの約1カ月半、ドラフト制度そのもののあり方や、選手のメジャー流出に対する無策ぶりなど、プロ野球界にさまざまな波紋を呼んだのは確かだ。“大谷騒動”とは、いったい何だったのか。

 さすがに、大谷の表情は緊張していた。

 「北海道日本ハムファイターズに入団させていただくことを球団に伝えました。アメリカから来てくださった方々、メジャー希望を後押ししてくださった方に申し訳なく思います」

 岩手県奥州市で行われた入団表明会見で、大谷に謝罪の言葉まではかせることになった最大の原因は、日米球界のルールのあいまいさにある。

 大谷自身が「1年のときから自分の側で高く評価して下さって、見続けてくれた方がいた」と話す通り、メジャー球団のスカウトから接触があったことが当初の意思表明につながった。一方、国内球団は事前にアマチュアと接触することは原則禁止。日米のスカウト活動の差が、今回の事態を引き起こしたともいえる。

 この日の大谷の表明を受け、さっそく国内側は反応。阪神の南信男球団社長(57)は「現行のドラフト制度には問題点はたくさんある。メジャー球団は早くから(選手に)接触ができるのに、国内球団はできない」と不満を口にした。

 今回、日本ハムはルールにのっとって指名。その後も独自の資料を用意するなど、必死の口説き落としで大谷の獲得にこぎつけた。ただし、これも日本のルールにしばられないメジャー球団が交渉に乗り出していれば、果たしてどうなっていたか。米側は、世界ドラフトの導入も画策しているといわれる。今回は“紳士協定”を守って日本ハムを優先させただけで、壮絶な綱引きが行われていたら、大谷の意思は揺らがなかったこともあり得る。

 問題は、日米間だけにとどまらない。大谷のメジャー表明で指名を避けた球団にとっては、まさに「してやられた」ではすまない。“密約説”はくすぶり続け、スカウトの間では「日本ではやらないというから引いたのに」という恨み節が聞こえていたのも事実だ。

 なかでも、東北の“ご当地選手”として獲得したかった楽天は深刻だ。この日、星野仙一監督(65)は、日本ハムと大谷に非がないことを前置きした上で、「大谷が米国に行く格好だったから、よそも1位の1枠がなくなると避けた。そうは思いたくないし、そうは思わないけど、前から話ができていたのか」と、怒りをぶちまけた。

 結局、日本野球機構(NPB)は2008年以降、メジャー流出への対策を怠ったままだ。新日本石油ENEOSの田沢純一投手(26)=現レッドソックス=がメジャー行きを表明し、国内球団に指名しないよう要望。メジャー球団退団後は、2年間(高卒選手の場合は3年間)契約を禁止する「田沢ルール」を設定したのみである。

 実は、日本ハムの行動もギリギリだった。野球協約では「他球団への移籍を条件とした入団交渉」が禁じられている。メジャーという具体的な言葉を使わず、「夢」という微妙な表現でかわしているが、将来を容認しているのは明らかだ。

 いずれも、選手獲得に関するルールをしっかり決めてこなかったNPBのツケの結果が、今回の騒動の正体。このままでは同じようなケースは起き、選手の流出は止まらない。


夕刊フジ


確かに今回の騒動は大谷君は悪くないとはいえ、

ちょっといただけないよね。

来年プレーする際に今回の事が影響しなきゃいいけど。






大谷君が日本でプレーする事はすごく嬉しい。

が・・・

地元東北の楽天ではないのがちょこっと淋しい。。。





まぁニュースでも言ってる通り、今のドラフトには

問題点がいっぱい。

ルールとは関係ないけど、一番許せないのは某巨〇軍に

入りたいが為に浪人までするバカがいるって事かな。





球団も選手もお互いに嫌な想いする事なくシーズン開幕

を迎える為にも、早急にドラフト改善をしなきゃだね。

大谷君は留まったけれど、日本球界をスルーしてメジャー

に行く選手は今後出てくるだろうから。




日本球界を廃れさせない為にも野球界全体で取り組んで欲しいね。



スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myfavoritesongs.blog37.fc2.com/tb.php/1070-e0fe8382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。