レンタルCGI アクセスランキング フェンリルの遠吠え オルフェーヴルの首差2着をスミヨン反省「簡単に先頭に立ってしまった」…凱旋門賞
FC2ブログ
フェンリルの遠吠え
不定期にその時に起こった出来事を語ったりしてます。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オルフェーヴルの首差2着をスミヨン反省「簡単に先頭に立ってしまった」…凱旋門賞

【パリ(フランス)8日】7日にロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞に出走したオルフェーヴル(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)は、直線でいったん3馬身ほど抜け出したものの、ゴール前でフランスの4歳牝馬ソレミアに首差かわされて2着に敗れた。手綱を執ったスミヨンは、強敵がいなかったため、早めに先頭に立ち、気を抜いてしまったと回顧。飛び抜けた力を持っているが故の敗戦であったことが、浮き彫りとなった。

 絶対的な強さが、皮肉にも勝利という結果を奪ったのかもしれない。レース後の記者会見。スミヨンは、オルフェーヴルとの戦いを、こう振り返った。「ほかに、もっと強い馬がいなかったので、簡単に先頭に立ってしまった。そのぶん、最後まで頑張れなかったのかもしれない」

 大外へ持ち出された最後の直線。極上の瞬発力は、世界一を決める舞台でも確かな輝きを放った。スミヨンが手綱を動かすと、手応えに余裕を残したまま、内の馬群をあっと言う間にのみ込んだ。さらに、内へ切れ込みながらも、後続を引き離していった。

 しかし、思わぬ落とし穴が待っていた。完全な独走状態が、オルフェーヴルから集中力を奪ったのだ。ラスト1ハロン過ぎあたりで脚いろが徐々に鈍り、追いかけてくるソレミアとの差は、みるみる縮まった。後続に7馬身もの差をつけながら、首差の2着。「デインドリームやナサニエルのような馬がいれば、別のレースになっていた」とスミヨンは強敵不在を敗因に挙げた。直前で続々と有力馬が回避。オルフェには追い風かと思われたが、現実は逆だった。

 日本調教馬として初めての凱旋門賞制覇は、果たせなかった。しかしスミヨンは最大級の賛辞を贈った。「僕が今まで乗ってきた中で、最高の馬だと思う。来年も凱旋門賞に来てもらいたい」。過去に、自身の手綱でこのレースを制したダラカニ(03年)、ザルカヴァ(08年)を超える評価こそ、最も強いレースをした証しと言っていい。

 ◆池江師、一夜明け悔しさ&手応え オルフェーヴルは8日、ラモルレイ調教場で90分の乗り運動を消化。「カイバは食べているし、日本でレースを使った時のような感じですね」と池江調教師は状態を説明した。

 レースから一夜明けても、心境は変わらなかった。「無念です。(馬が)苦しいというのもあるが、斜行癖を修正しきれなかった」と直線で内へ切れ込む形になったことを悔やんだ。そして、こう続けた。「私自身もそうですが、もうワンチャンスあれば、オルフェはもっといい結果を出せると確信している」

 10日に帰国し、千葉・白井の競馬学校で輸入検疫。16日には、滋賀・ノーザンファームしがらきへ移動して、3週間の着地検疫に入る。「(帰国後の)状態を見てから」と今後については明言を避けたが、ジャパンCや有馬記念に出走する可能性は、十分にある。

スポーツ報知




民放でも放送されていたので、ご覧になった方も大勢

いたのではないかと思います。



結果からいえばかなり悔しい、残念な2着という決着と

なりました。




勝負事に「たら、れば」は禁物ですが、着差も僅かな上に

実力では他を圧倒していただけに・・・






まぁ、これが競馬ってヤツですよね。

馬も騎手も、そして調教師を始めとする関係者も本当に

よくやったと思います。




また来年挑戦するのかは分かりませんが、やるからには

勝利を目指して頑張って欲しいものです。




・・・それにしても・・・




めっちゃ悔しい~><





スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://myfavoritesongs.blog37.fc2.com/tb.php/1056-d65fc979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。