レンタルCGI アクセスランキング フェンリルの遠吠え 2013年04月
フェンリルの遠吠え
不定期にその時に起こった出来事を語ったりしてます。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
淡路島で震度6弱 18年前の恐怖再び 淡路島住民、経験生かし冷静

■地割れ、壁倒壊…高台避難も

 突き上げるような衝撃で目を覚ました直後、めまいがするほどの揺れがしばらく続いた。13日早朝、兵庫県の淡路島を襲った震度6弱の地震。18年前の平成7年に大きな被害をもたらした阪神大震災の記憶と、巨大津波が起きた一昨年の東日本大震災を思い起こさせる揺れに、住民の一部は津波を避けるため高台へと自主的に避難した。地割れや液状化現象による被害も出るなか、住民は震災の経験を生かし冷静に対応することも忘れなかった。

◆商品水浸しに

 「これはあかん」。洲本市本町で飲食店を営む植田弦さん(23)は自宅で就寝中に揺れに見舞われた。1階の店舗では棚から落ちた酒瓶やグラスが大きな音を立てて割れ、外に飛び出した。

 屋根瓦が散乱した路上では近所の人たちが不安そうな表情を浮かべ「津波は来るのか。大丈夫なのか」と口にしていた。高台に避難する住民も多かったといい、植田さんは「すぐには情報が入らず、焦った」と振り返る。

 同市栄町の本妙寺住職、山本恵彦さん(62)は「ひどい揺れで目が覚めた。墓石が倒れ、土塀も崩れた。早く復旧させないと…」と話し、被害の状況をカメラで撮影していた。

 長さ数十メートルの地割れが起きた市立洲本第一小学校のグラウンドでは、居内秀樹校長(59)が「地割れの延長線上の北側では民家の瓦が落ちるなど被害もでている」。イオン洲本店では、地震の揺れでスプリンクラーが作動し、一部商品が水浸しになった。棚から商品も落ち、営業開始時間の延期を決めた。

 ◆液状化現象も

 震度6弱と今回最大の激しい揺れに見舞われた淡路市。街中の道路は各所で亀裂が走り、民家の瓦や壁が崩落した。漁港の岸壁は約100メートルにわたって沈み込み、一部地域では地面の液状化現象も起こった。

 同市の薬剤師、上田敏弘さん(53)が住む3階建て住宅には、道路から噴き出す水が流れ込み、地下室が浸水した。「ドーンと突き上げられるような揺れがきて、その後、横揺れが続いた。大震災で被災したことが頭をよぎった」と話した。

 「阪神大震災に比べると揺れの時間は短かったけど、すごく怖かった。家の中の食器が割れたり、窓が勝手に開いたりして危なかった」。同市育波の主婦、山本妙子さん(71)は恐怖を口にした。一方で「すぐ外に出て近所の人たちと声をかけ合い、無事を確かめ合った。阪神大震災を経験しているので、みんな落ち着いていたと思う」と冷静に振り返った。

 同市大町の自営業、別所薫さん(55)は、改装工事を進めていた築約50年の自宅の瓦が3割ほど落下した。「前回の震災で傷んでいたはりなどの補強工事がほとんど終わっていたので、この程度の被害で済んだのだと思う」と、比較的落ち着いた様子だった。

 同市郡家の5階建て市営住宅では、地震直後からエレベーターが止まり、一部の世帯でガスが止まった。5階の無職、村岡文枝さん(72)は「震災の経験から貴重品など大事な物は1つの袋にまとめていた。強い揺れで怖かったが、すぐ逃げられる準備ができていたので冷静になれた」と話した。

産経新聞




[淡路島で震度6弱 18年前の恐怖再び 淡路島住民、経験生かし冷静]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

仙台がうれしいACL初勝利、決勝点の柳沢「あと2試合、すべて勝つつもり」

[4.10 ACL第4節 仙台1-0FCソウル ユアスタ]

 来月27日で36歳となるベテランがさすがの存在感を示した。今季公式戦初スタメンの座を掴んだFW柳沢敦は、前半16分、MF梁勇基のCKを頭で合わせて先制点をもたらした。結果的にこれが決勝点となり、ベガルタ仙台にうれしいACL初勝利をもたらした。

 2日のアウェーでのFCソウル戦を1-2で落とした仙台。この日のリベンジマッチに敗れれば、グループリーグ敗退の危機に立たされる状況だったこともあり、序盤から一気の攻勢を仕掛けた。「ホームなので何が何でも勝つという気持ち、この前の借りを絶対返すという強い気持ちを持ってやれた。立ち上がりからいい入りが出来たと思う」。そんな中で迎えた先制点の場面。「1本目のCKの時に(梁)ヨンギがあそこに入ってきてくれと言っていた。ヨンギのゴールでもあると思います」とヒーローは笑顔で振り返った。

 仙台はこれで1勝2分1敗。勝ち点を5に積み上げたことで、首位FCソウルとの差を2に詰め、予選突破へ望みをつないだ。「あと2試合しかないけど、すべて勝つつもりでやりたい。Jリーグにも弾みをつけたい」。Jリーグでも5節を終えて11位と出遅れた仙台だが、柳沢はこの勝利からの巻き返しを誓っていた。

ゲキサカ




[仙台がうれしいACL初勝利、決勝点の柳沢「あと2試合、すべて勝つつもり」]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

USJ迷惑問題 関西外大生も加担か 神戸大、同志社大に続き

神戸大文学部2年の男子学生(19)がテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ、大阪市)で迷惑行為を繰り返して入園禁止になり、神戸大が処分を検討している問題で、関西外国語大(大阪府枚方市)も学生1人が行為に加担していた可能性があるとして、学生から事情を聴く方針を固めたことが10日、分かった。

 関西外大によると、学生は外国語学部2年の男子学生(19)。

 問題発覚を受け、関西外大が調査したところ、学生がインターネットのブログや短文投稿サイト「ツイッター」に写真や迷惑行為の内容を投稿していたことが発覚した。学生に連絡を取り、関西外大で10日午後から事情を聴くという。

 関西外大学生部は「詳細に事情を聴き、学生の行為が明らかになれば学内の機関で処分を検討する。ほぼ間違いないと考えており、迷惑行為を行っていたのであれば誠に遺憾で申し訳ない」と話している。

産経新聞




[USJ迷惑問題 関西外大生も加担か 神戸大、同志社大に続き]の続きを読む

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【桜花賞】サプライズ4着 逃げられず武「残念」

◆第73回桜花賞・G1(7日、阪神競馬場・芝1600メートル、良)  武豊は、先頭でゴールに向かうクロフネサプライズを必死に鼓舞したが、最後はプリンセスジャックにもかわされ4着に終わった。「道中で力んだぶん、前走(チューリップ賞1着)ほど追っての反応がなかった。残念です」。1番人気に応えられず、悔しがった。

 3コーナーまでに逃げ態勢に持ち込む青写真だったが、内のサマリーズに主導権を奪われ、ようやく先頭を奪ったのは4コーナー手前。「3コーナーからジワッと先手を取れればよかったけど、内に1頭いたからね。4コーナーでかわしてからは、いいリズムになったが…。逃げられなかったのが痛かった」。持ち味を発揮できなかった無念さからか、表情は冴えなかった。

 8年ぶりのクラシック勝利はならなかったが、差し馬が上位独占したなか、先行勢では唯一踏ん張った。次走は未定だが、リベンジの舞台は、すぐに訪れるはずだ。

スポーツ報知




[【桜花賞】サプライズ4着 逃げられず武「残念」]の続きを読む

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

JRA、4年ぶり女子入学…負けず嫌いの15歳

日本中央競馬会(JRA)の競馬学校(千葉県白井市)で2日、今年度の騎手課程入学式が行われ、4年ぶりに女子生徒が入学した。

 153人の応募者から、難関を突破したのは7人で、女性は茨城県守谷市出身の藤田菜七子(ななこ)さん(15)。小学5年から騎手を目指し、中学の時には、騎手になる人材の早期発掘を目的とするJRAの「ジュニアチーム」で騎乗を学んでいた。

 サッカー・なでしこジャパンで活躍した澤穂希(ほまれ)(INAC神戸)に憧れる。「澤さんも小さい頃、男の子に交じってプレーした点が、自分と似ている。体力差はあるが、騎乗技術は男女関係ないので負けたくない」と強気なところを見せた。

 JRA競馬学校卒業の女性騎手は計6人だが、現役は増沢(旧姓牧原)由貴子だけ。藤田さんが3年後に騎手免許を取得できれば、16年ぶりの新人女性騎手誕生となる。

読売新聞




[JRA、4年ぶり女子入学…負けず嫌いの15歳]の続きを読む

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。