レンタルCGI アクセスランキング フェンリルの遠吠え 2010年08月
フェンリルの遠吠え
不定期にその時に起こった出来事を語ったりしてます。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパークリーク逝く…同期オグリに続き

GI3勝馬スーパークリーク(牡25、父ノーアテンション)が29日午後、繋養先の北海道・浦河町の日高スタリオンステーションで亡くなった。同馬はGI初挑戦だった88年の菊花賞を優勝。武豊騎手は史上最年少(当時19歳)でのクラシック制覇だった。競走馬時代に激闘を演じた同期のオグリキャップが7月3日に亡くなったが、また1頭、記憶に残る名馬が長い眠りについた。
芦毛の怪物オグリキャップとは同期のライバルだったスーパークリークが、惜しまれつつ、この世を去った。

 日高スタリオンステーションの関係者によると、今年の夏過ぎから下痢気味になるなど体調を崩すことが多くなっていた。その後、一時は持ち直したが、29日の昼からひどく苦しむ症状を見せ始め、午後4時50分、治療の甲斐なく馬房で息を引き取ったという。

 「オグリキャップが亡くなった直後に体調がガクッと落ちて、“オグリに連れて行かれちゃうのかな”と話していたのですが、その後は体調も持ち直していました。オグリのお別れ会(7月29日)には、こちらで繋養しているヤエノムテキと連名で供花したばかりで、オグリの分まで長生きしてほしかったのですが…」と、事務局の荻伏ブリーディングシステムの関係者も肩を落とした。

 スーパークリークは父ノーアテンション、母ナイスデイで、85年5月27日に北海道・門別町(現日高町)の柏台牧場で誕生。故・伊藤修司調教師(栗東)の管理で2歳12月にデビューした。晩成血統で能力の開花には時間を要したが、3歳秋になって徐々に力をつけ、滑り込みで出走した菊花賞を優勝。武豊騎手の記念すべきGI初勝利で、クラシック最年少制覇(19歳7カ月23日)となった。

 その後は古馬の王道で活躍。オグリ、イナリワンらと激闘を繰り広げ、90年末に引退した。通算成績は16戦8勝。重賞は88年菊花賞、89年天皇賞・秋、90年天皇賞・春のGI3勝を含む6勝を挙げた。種牡馬としては活躍馬を出せなかったが、母の父としてはブルーショットガン(阪急杯)を出している。種付けはここ2年なかったが、熱心なファンも多く、誕生日には花も届いていた。詳しい死因は、30日に調べるが、相次ぐ名馬の死は惜しまれる。

サンケイスポーツ



[スーパークリーク逝く…同期オグリに続き]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

「投票用紙届いたら『バカ』と書く」 民主への失望は予想以上… 

民主党代表選で、菅直人首相と小沢一郎前幹事長の対決構図が固まってから初の週末となった28日、同党議員らは地元に戻り、街頭やミニ集会で党員や一般有権者から意見を聞いた。「政治とカネ」問題を抱える小沢氏への批判は根強かったが、円高・株安を解決できないまま抗争にかまける民主党への失望の声も出た。議員は「民の声」をどう受け止めるだろうか-。

 28日午前、当選1回の横粂(よこくめ)勝仁衆院議員(比例南関東)は神奈川県横須賀市の京急・横須賀中央駅前で、行き交う人々に「どちらの候補がいいですか」と、尋ね続けた。

 1時間ほどで約20人の回答を得たが「小沢さんは自分の問題を説明してない」(60歳代男性)などと小沢氏に厳しい声が多く、大半が首相を支持した。とはいえ、首相の良さを語る人もゼロだった。

 党内でどのグループにも属さない横粂氏は記者団に「消極的な首相支持が多い。(候補を)積極的に応援してもらえる代表選になれば…」と語った。

 関西地方のベテランは後援会合で絶句した。代表選で投票権を持つサポーターの男性から「(代表選の)投票用紙が届いたら(菅氏とも小沢氏とも書かず)『バカ』って書く。民主党はなに考えとんのや」と言われたからだ。

 一方、小沢グループの高山智司衆院議員(埼玉15区)が27日夜、戸田市内で開いたミニ集会では「小沢さんの剛腕が今こそ必要だ」「国民は小沢さんを支持しないのでは」と、両論が出た。

産経新聞



[「投票用紙届いたら『バカ』と書く」 民主への失望は予想以上… ]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

<書道不正出品>私立大分高、最優秀の昨年も

第15回全日本高校・大学生書道展(日本書芸院、読売新聞社主催)の篆刻(てんこく)の部で不正出品が多数あったとして全応募作が失格になった私立大分高(大分市)は16日、他の3部門及び昨年の同展でも不正があったことを明らかにした。書道部顧問の男性教諭(51)が在校生や卒業生、他校生の名前を勝手に使い応募していた。

 同高は昨年の同展団体賞で9回目の最優秀に選ばれていた。主催者に16日、最優秀返上の意向を伝え、大分県にも、最優秀により受けた県賞詞(県民栄誉賞)返還を申し出る。

 また同高は同日、この教諭を停職3カ月、不正を黙認した副顧問の女性教諭(28)を減給(10分の1、2カ月)、小山康直校長も監督責任を問い無給2カ月とした。

毎日新聞



[<書道不正出品>私立大分高、最優秀の昨年も]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

学生諸君、コピペリポート見破りソフトあるぞ

学生のリポート作成で、インターネット上の資料をそのまま引き写す「コピー&ペースト(コピペ)」の横行に、大学側が悩んでいる。

 多くは「モラルに訴えるしかない」とするが、耐えかねて「発見プログラム」を独自に開発した大学も。ネットと共に育ってきた若者たちと大学側の間で、倫理観の溝は深い。

 夏休みのリポート作成が佳境に入った8月上旬、京都市内にある6国公私立大のキャンパスを訪ねた。教室ではパソコンを使い、真剣な表情で課題をこなす学生の姿が見られた。しかし中には百科事典のホームページとリポート作成ページを並べ、せっせとマウスを動かしコピペに励む者も。

 「アルバイトとサークルばかりで春は講義に出ていなかったけれど単位はほしい。面倒な課題はコピペで解決できる」と私立大経済学部2年の男子学生(20)。別の私立大文学部1年の女子学生(19)は「彼氏と海外旅行にいくので、コピペで早くリポートを出したい」と屈託がない。

 「複数のホームページから文章を抜き出したリポートが目につく」と関西にある私立大の男性教授は話す。ネットの普及とともに、学生の間では10年ほど前からコピペが目立つようになってきたという。

 経済学やITなど専門用語の意味や説明をそのまま張り付けたり、関係する研究論文の一部を写したり、中には一部固有名詞や語尾だけを替えて丸写ししているものまであった。

 教授は「学生時代は考える力をつけ、社会で活躍するための大切な準備期間だと何度も助言しても、目の前の楽しさに負けるようだ」とあきれかえる。

 コピペが発覚すれば、担当教員が採点をゼロにしたり、リポートの再提出を求めたりしているが、なかなか減らないのが現状だ。

 こうした事態に、阪南大(大阪府松原市)ではコピペを発見するプログラムを開発、対策に乗り出した。リポート中の重要名詞を複数選び、検索エンジンで探した大量のホームページと比較。6割以上が似ていると「コピーの可能性あり」と判断、担当教員に伝え指導を求める。

読売新聞



[学生諸君、コピペリポート見破りソフトあるぞ]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

この曲イイ!!
やっぱ夏は激しい曲で頭振らなきゃ♪

って事でこの曲。

古いけど、未だに聴きまくりです。

皆さんもぜひ!!



テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

いびつな力関係…仲間の命奪った“悪ふざけ” 舞鶴港・少年水死

京都府舞鶴市の舞鶴西港で、建設作業員の布川由一さん(17)が、友人の少年に両足首をしばられ、タイヤのホイールを巻かれたうえ、桟橋から海に突き落とされて水死する事件が起きた。少年3人が殺人容疑で逮捕され、そのうち2人が傷害致死と暴行、1人が暴行の非行事実で7月に家裁送致された。さらに少年3人のうち1人については8月5日、少年審判で検察官送致(逆送)が決定した。事件当時、現場には、布川さんと少年6人がいたという。事件は、遊び仲間内での「悪ふざけ」がエスカレートするなかで発生したとみられる。「明らかに、一線を越えている。考えられない程、浅はかな行為」。捜査幹部が指摘するように、集団で行った「悪ふざけ」のエスカレートは、1人の命を奪う最悪な結果となった。

産経新聞

続きはこちら


[いびつな力関係…仲間の命奪った“悪ふざけ” 舞鶴港・少年水死]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

<谷亮子氏>民主党のスポーツ議員連盟会長に

民主党のスポーツ議員連盟は6日、総会を開き、田名部匡省氏の参院議員引退で空席になっていた会長職に、7月の参院選で初当選した五輪柔道女子金メダリストの谷亮子氏が就任することを承認した。谷氏は「スポーツの環境整備の充実を図り、スポーツ社会を明るいものへと導きたい」と抱負を語った。

 民主党は5月20日にスポーツ議連を発足させたばかりで、総会では「各党や省庁との関係で、議連会長にはインパクトが必要。これ以上の人材はない」と歓迎する声が多数を占めた。しかし一部議員からは「会長は他党との折衝で要になる」「大事に育てた方がいい」と経験不足に対する懸念の声も上がった。

 この後、谷氏は首相官邸を訪れ、菅直人首相を表敬。首相は「スポーツは超党派の機運があり自民党も熱心。谷さんから呼び掛けてもらえば間違いなくまとまる」と野党とのパイプ役として期待感を示した。

毎日新聞



[<谷亮子氏>民主党のスポーツ議員連盟会長に]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

「ガンプラ」部品枠、細かく減量 バンダイの廃プラスチック対策

7月24日に初代の発売から満30年を迎えたガンダムプラモデル(ガンプラ)は、バンダイが世界に誇る日本のホビー商品だ。今年3月末には累計販売数が4億個に達したが、その個数分だけ出るのが「ランナー」と呼ばれるプラモデルの部品を支える枠をはじめとする廃プラスチックだ。バンダイはガンプラの進化とともに、この廃プラスチックの削減にも取り組んできた。
「プラモデルの生産には年間4000トンものプラスチック材を使用している」(社長室広報チーム)という。部品とランナーに使われるプラスチックの割合について、バンダイは公表しておらず、製品によって割合はそれぞれだが、少なからぬ量のプラスチックがランナーに使われていることは事実だ。

 ランナーは不可欠な存在だが、廃棄される運命には変わりない。この部分をいかに少ないプラスチックで賄うかという命題に取り組むことが、そのまま廃棄物の抑制につながる。

 「ランナー部分のプラスチックを細く、薄くする」(同)のが基本的な方法だ。とはいえ、組み立てに使う数ある部品そのものを薄くしたりすることはしない。「完成品の出来上がり具合に影響を及ぼす」というのがその理由だ。そのため、部品の厚みや強度はそのままに、それを支えるランナーを細くしたり薄くしたり、あるいはランナーの角の部分の丸みをより大きくして削減を図ってきた。

 もちろん、部品枠としての用途もきっちり果たさなくてはならず、そのバランスのさじ加減が要求される取り組みだ。

 ランナーには、一つの製品の中にいくつか種類があって、それぞれに「A」「B」「C」…とアルファベットで印がつけられている。パーツを組み立てる際に、「『A』の1、2番と『C』の7番を組み合わせる」といった表記に使うためだ。このアルファベットも、「かつてはベースとなるプラスチックの上に、さらにプラスチックで文字を重ね書きしていたが、今ではベースのプラスチックをくり抜いて表現するようになった」(同)という。実に細かい削減方法だが、こうした地道な努力の積み重ねが、総合的な廃棄物の抑制につながっている。

 ◆年間でプラスチック59トン削減

 ガンプラ30年の歴史の中で、環境に根ざしたこうした取り組みをバンダイが始めたのは2006年度から。09年度には、抑制したとみられる廃棄物の試算を初めて行い、商品としてファンに届いた段階で、「年間でおよそ59トンのプラスチックが削減できた」という。

 現在でも生産し続けている古いガンプラは、古い金型をそのまま使っているため、プラスチックを削減する設計とはなっていない。59トンという数字は06年以降に生産を開始したガンプラによって積み上げられたものだ。バンダイでは「部品やランナーを含め、ガンプラ全体で2%のプラスチックの削減を目指している」という。

 もちろん、商品になる以前にも廃プラスチックは出る。ガンプラの工場、バンダイホビーセンター(静岡市葵区)では、多色成形機に投入されたプラスチックの余った部分はその場で出てくる。だがこれらは廃棄されない。砕かれて、混ぜ合わせた黒いプラスチックとなり、そのプラスチックで新たに作られた黒いガンプラ「エコプラ」は、ホビーセンターの目玉の一つで、ファン垂涎(すいぜん)の品にもなっている。

フジサンケイ ビジネスアイ



[「ガンプラ」部品枠、細かく減量 バンダイの廃プラスチック対策]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

<2児放置死>非行乗り越えたはずが 下村容疑者の恩師絶句

 荒れた思春期を乗り越え、幸せをつかんだはずだったのに--。大阪市西区のマンションで幼児2人の遺体が見つかった事件。母親の下村早苗容疑者(23)は中学時代、非行に走ったが、不登校などの子も多く集まる東京の高等専修学校で更生、ラグビー部のマネジャーとして活躍していた。卒業後は就職、結婚と順調に歩んでいたようにみえた。関係者は、事件との落差にショックを隠せない。

 下村容疑者は3姉妹の長女。中学時代は髪を茶色に染め、夜の街を徘徊(はいかい)した。高校ラグビーの指導者として有名な父親(49)は、専修学校のラグビー部監督を務める知人の教諭に娘を託した。下村容疑者は中学卒業後、この教諭の母親の家に下宿した。卒業まで3年間、教諭のクラスで学び、放課後はラグビー部員の世話に汗を流した。

 「子どもが大きくなったな」「はーい」。教諭は昨年3月、三重県で下村容疑者に会い、こんな会話を交わしたという。教諭は「元気そうだった」と振り返り、逮捕については「泣きたい」と絶句した。

 卒業後は同県四日市市の飲食店に就職した。間もなく地元の男性と出会い、結婚した。犠牲になった長女の羽木(はぎ)桜子ちゃん(3)、長男楓(かえで)ちゃん(1歳9カ月)を授かった。

 しかし、昨年5月に離婚。幼い2人を引き取り、名古屋の飲食店で働いていた。その後、今年1月から大阪・ミナミの風俗店に勤め、ワンルームマンションに転居した。

 ある日の夕方、下村容疑者が近くの公園に桜子ちゃんら2人を連れてきたのを、近くの人が見ている。下村容疑者は子どもを遊ばせ、ベンチに腰かけてたばこを吸い、携帯電話の画面を眺めていた。桜子ちゃんが「ママー」と呼んでも無視していたという。数カ月後、幼い2人は母親に見捨てられ、命を失った。

 下村容疑者が中学の卒業文集に書いた夢は「むっちゃ幸せになること」。つかみかけた幸せを、いつしか手放していた。

 ◇「以前から置き去り」 数日間、外泊も

 下村容疑者が「取り返しのつかないことをしてしまった」と、反省する内容を述べ始めていることが捜査関係者への取材でわかった。一方、「以前から度々、子どもを置き去りにし、数日間、外泊した」と話しているという。幼児2人は今年6月、長期間、部屋に置き去りにされ死亡したとみられるが、大阪府警西署捜査本部は、2人を長時間放置する育児放棄を以前から繰り返していたとみて、詳しく調べている。

 捜査関係者によると、下村容疑者は昨年5月に離婚し、長女の羽木桜子ちゃんと、長男楓ちゃんを引き取った。その後、繁華街で夜遊びを繰り返すようになった。

 今年1月からは、大阪・ミナミの風俗店に勤務し、店の寮で、事件現場の西区南堀江1のワンルームマンションで暮らし始めた。このころから、部屋に桜子ちゃんらを残して外出するようになり、時には数日間、帰らないことがあったという。

 今春ごろからは昼夜を問わず、桜子ちゃんらの泣き声や叫び声が、部屋の周囲に響くようになった。インターホンの受話器を通じ、玄関のスピーカーからは「ママー、ママー」という泣き叫ぶ声が漏れるようになった。

 ◇子への愛 ブログに

 離婚前の下村容疑者は、インターネットのブログに子どもへの愛情をつづっていた。

 「可愛い娘と毎日をのほほんと過ごせることが本当に幸せなことなんだとなんだかふと思いました」。07年12月から08年4月までの下村容疑者のブログだ。

 07年5月に長女桜子ちゃんを産み、間もなく長男楓ちゃんを妊娠。桜子ちゃんの出産を「言葉にならないほどうれしかった」と振り返っていた。桜子ちゃんが突発性発疹(ほっしん)にかかった時は「子どもが元気ないことほど、心が痛いことはありません」と親心をみせた。

 08年4月、おなかの中にいる楓ちゃんに向けて「ただ、無事に産まれてきてくれたらそれでいいよ」と呼びかけるなど、子へのいとしさにあふれていた。

毎日新聞



[<2児放置死>非行乗り越えたはずが 下村容疑者の恩師絶句]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。