レンタルCGI アクセスランキング フェンリルの遠吠え 2009年03月
フェンリルの遠吠え
不定期にその時に起こった出来事を語ったりしてます。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
強力な軍事報復を警告=「日本の牙城を無慈悲に粉砕」-北朝鮮

朝鮮中央通信は31日の論評で、北朝鮮が「人工衛星」と称して発射の準備を進めている長距離弾道ミサイルを日本が迎撃した場合、北朝鮮は「再侵略戦争の砲声」とみなし、「最も強力な軍事的手段によってすべての迎撃手段とその牙城を無慈悲に粉砕する」と警告した。韓国の聯合ニュースが伝えた。
 論評は、日本が北朝鮮の衛星打ち上げをミサイル開発とみていることについて、「相互尊重」をうたった2005年9月の6カ国協議共同声明を認めない立場を宣言し、「6カ国協議のテーブルをひっくり返す行為だ」とけん制した。 

時事通信



[強力な軍事報復を警告=「日本の牙城を無慈悲に粉砕」-北朝鮮]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

牡馬クラシックはネオユニヴァース産駒中心

またネオユニヴァース産駒から“クラシック候補”が誕生した。22日に行われた皐月賞トライアル「フジテレビ賞スプリングS」(GII、芝1800メートル)をネオユニヴァース産駒のアンライバルド(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が快勝。先日「弥生賞」を無敗で制したロジユニヴァース(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)に続き、ネオユニヴァース産駒2頭が牡馬クラシックの中心となりそうだ。
ネオユニヴァースは2003年の皐月賞、日本ダービーを制した2冠馬で、現3歳世代が初年度産駒となる。ネオユニヴァースは多くのGI馬を輩出したサンデーサイレンスの産駒の中で、3冠馬ディープインパクトが出るまで、唯一の皐月賞&日本ダービーを両方制した2冠馬だった。種牡馬として大きな期待を寄せられ、現在は種牡馬として社台スタリオンステーションで繋養されている。

 4戦4勝で重賞3勝のロジユニヴァース、そしてスプリングSを制したアンライバルドと2頭のクラシック候補を出したネオユニヴァース。皐月賞本番では上位人気が予想されるが、父子制覇なるか注目が集まる。

サンケイスポーツ



[牡馬クラシックはネオユニヴァース産駒中心]の続きを読む

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

闇サイト殺人 2人死刑1人無期 無慈悲かつ残虐 名古屋地裁判決

名古屋市の会社員、磯谷利恵さん=当時(31)=が平成19年8月に拉致、殺害された闇サイト事件で、強盗殺人などの罪に問われいずれも死刑を求刑された3被告の判決公判が18日、名古屋地裁で開かれた。近藤宏子裁判長は元新聞セールススタッフ、神田司被告(38)と無職、堀慶末被告(33)に死刑を、自首した無職、川岸健治被告(42)に無期懲役をそれぞれ言い渡した。(11面に関連記事)

 被害者が1人の事件で極刑が選択されるかが焦点。近藤裁判長は判決理由で、供述が異なる3被告の強盗殺人罪の共謀を認定したうえで、「3人がそれぞれ楽をして金もうけをしようと行ったもので、動機に酌量の余地がないことは明白」と指弾した。

 犯行態様についても「被害者の命ごいに耳を貸すことなく犯行を遂げた。無慈悲かつ残虐であり、戦慄(せんりつ)を覚える」と非難。一方で川岸被告の自首については「事件の解決、次の犯行阻止の大きな要素と認められる」と評価した。

 検察側は論告で、死刑適用の判断でこれまで特に重視されてきた被害者数について「要素の一つで絶対的基準ではない」と指摘。そのうえで「残虐極まりない鬼畜の所業」と非難した。

 これに対し、3被告側は事件の計画性や自身の主導的立場を否定。「被害者1人で死刑が確定した過去の事件ほど悪質ではない」と極刑回避を求めた。

 判決によると、3被告は携帯電話サイト「闇の職業安定所」で知り合い、19年8月24日深夜、名古屋市千種区の路上で磯谷さんを車内に拉致し、監禁。現金などを奪い、翌日未明に殺害した後、遺体を岐阜県内の山林に遺棄した。

産経新聞



[闇サイト殺人 2人死刑1人無期 無慈悲かつ残虐 名古屋地裁判決]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

「こういう発想は私には出てこない」首相が小沢批判連発

麻生太郎首相は14日、広島県呉市で講演し、民主党の小沢一郎代表が「いま円高だから(韓国の)済州島を買っちまえ」と笹森清前連合会長に述べたとされる問題について、「こういう発想はとてもじゃないけど私には出てこない」と批判した。

 米軍再編に関して小沢氏が「極東におけるプレゼンス(存在)は第7艦隊で十分」と発言したことについても、「それには猛烈な勢いで日本も防衛予算を増やさない限りは対応できない。米国と一緒に組んでやった方がより現実的だ。そんなことを安易に言うのは無責任だ」と批判した。


産経新聞



[「こういう発想は私には出てこない」首相が小沢批判連発]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

「たんなる習慣の違い」!海外での中国人マナーの悪評に反論―外交部副部長

2009年3月8日、羊城晩報は、元駐日大使、全国政治協商会議委員、中国外交部副部長の武大偉(ウー・ダーウェイ)氏のインタビューを掲載した。

近年、海外旅行に出かけた中国人のマナー違反が中国イメージを悪化させているとの報道が相次いでいる。これに対し、武委員は「(マナー違反というよりも)たんなる習慣の問題」と指摘した。「集まって大声で話すのが好きなのも習慣です。空港やレストランでみんなでおしゃべりしているのは中国人ばかりでしょう。これも一種の習慣で、逆に外国人の小声でひそひそ話している姿は中国人には見慣れないものです」とコメントしている。
またウォール街の名物・雄牛像によじのぼって写真をとるなどのマナー違反も伝えられているが、王委員は「もしよじのぼらせたくないのなら、ちゃんと警告の看板を立てておくべきです。さもないと間違っているとはいえないでしょう。(こういった問題は)一方の努力では解決できず、双方のコミュニケーションと相互理解が必要となります」と話している。

Record China



[「たんなる習慣の違い」!海外での中国人マナーの悪評に反論―外交部副部長]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

0円から見られる芸術発見!駅ナカは今、巨大美術館に

駅は乗り降りをするための通過点から、“楽しむ空間”へ。そんな試みが広がり、駅を飾るパブリックアートもどんどんスケールアップしている。

古くは1951年にJR上野駅に設置された猪熊弦一郎の大壁画「自由」や、1997年開業の南北線溜池山王駅のアートなどがあるが、全駅がデザイン性を持った都営大江戸線が2000年に開業し、駅のアートは劇的に進化した。

昨年6月に開業した東京メトロ副都心線では、「地宙船」をイメージした渋谷をはじめ8駅連続でパブリックアートが設置された。明治神宮前駅には武田双雲作、幅10mの陶板タイルに描かれた「希望」が、新宿三丁目駅のB2改札内には山本容子作「不思議の国のアリスシリーズ」のステンドグラスが、東新宿駅のB4改札内には、中山ダイスケ作のツツジの花モチーフの壁画が設置されるなど、巨大な壁画は話題を呼んでいる。

そして昨年11月には岡本太郎の代表作「明日への神話」が渋谷駅に登場。横30m、縦5.5mの壁画は、原爆の炸裂する瞬間をモチーフに人間の尊厳、力強さを描いたとされる圧巻の作品。渋谷の新しい顔になっている。

そのほか、秋葉原駅を含むつくばエクスプレス4駅や、東京駅・上野駅の情報発信スペース「Break」など、都内各所の駅でアートスポットが進行中だ。

また、駅アートはそれぞれの土地にゆかりの深いテーマを持ち、地域の情報を発信しているものも多い。なんとな~く通りすぎずに、バックストーリーも楽しみつつ鑑賞してみよう。

東京ウォーカー



[0円から見られる芸術発見!駅ナカは今、巨大美術館に]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

育休切り 不況理由に「戻っても仕事ない」 相談件数3倍

不況にあえぐ企業が人件費削減のため、育児休業中の正社員を解雇する「育休切り」が広がりつつある。育児・介護休業法に抵触する疑いが強いが、被害者の多くは再就職の妨げになることを恐れて泣き寝入りするケースが多い。法令が守られているはずの働いて産み育てる権利が脅かされている。

毎日新聞



[育休切り 不況理由に「戻っても仕事ない」 相談件数3倍]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

中川氏、地元で“へろへろ会見”謝罪

先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後にもうろうとした状態で記者会見し引責辞任した中川昭一前財務・金融担当相は28日、地元の北海道音更町で記者団に対し「国民、国、内閣、与党をはじめ国会に迷惑をかけたことをおわびする」と改めて謝罪した。その上で「重い反省の気持ちをもって決意を新たにした」として、野党が求めている議員辞職は否定した。
これに先立ち中川氏は、後援会総会に出席し、一連の経緯を謝罪した。中川氏は後援会の様子について「おわびを申し上げたが、『引き続きしっかりやれ』という重く厳しく温かい意見を頂いた」と紹介。その上で、「信頼回復には時間がかかると思うが、1つ1つやるべきことをやっていく決意だ」と次期衆院選に立候補する意向を示した。

 辞任が麻生内閣の支持率低下の要因になったことについては、「予算、関連法案、国際金融の責任者がああいう形で辞任し、内閣に迷惑をかけた」と述べた。

 中川氏が17日の辞任後、公の場に姿を現すのは初めて。辞任直後から都内の病院で検査と療養を続け、27日の衆院本会議の平成21年度予算案採決も医師の指示で欠席していた。

産経新聞




[中川氏、地元で“へろへろ会見”謝罪]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。