レンタルCGI アクセスランキング フェンリルの遠吠え 2008年10月
フェンリルの遠吠え
不定期にその時に起こった出来事を語ったりしてます。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三浦皇成、武豊の新人最多勝記録を21年ぶり更新

25日、福島競馬場で行われた1R・2歳未勝利(芝1200m)でアドバンスヘイロー(牡2、美浦・河野通文厩舎)が優勝。騎乗していた三浦皇成騎手(18、美浦・河野通文厩舎)はデビューからの勝ち鞍を70とし、87年に武豊騎手がマークした69勝の新人最多勝記録を21年ぶりに更新した。

 三浦皇成騎手は今年3月1日の中山1Rでデビュー(モエレロングラン-6着)。同日の潮来特別(1000万下、中山・芝2500m)をフェニコーンで制し、3戦目で初勝利を挙げた。その後もハイペースで勝ち星を重ね、8月10日の函館2歳S(GIII、フィフスペトル)で重賞初制覇。8月24日には史上最速で50勝を達成し、5日のスプリンターズSでGI初騎乗も果たした(プレミアムボックス-14着)。11日の東京競馬で騎乗機会4連勝の固め打ちを見せ、新人最多勝タイ記録に並んでいた。25日福島1R終了時点の通算成績はJRA586戦70勝、地方11戦0勝。

netkeiba.com



[三浦皇成、武豊の新人最多勝記録を21年ぶり更新]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

「ゲームで自信あった」=ひき逃げ逮捕の女子中学生-大阪

大阪市淀川区の交差点で自転車の男性(58)が車にはねられ、180メートル引きずられて重傷を負った事件で、自動車運転過失傷害などの容疑で逮捕された中学3年の女子生徒(14)が「ゲームセンターで自信を持ち、本物を運転したくなった」と供述していることが24日、分かった。「運転は初めてだった」とも話しており、府警淀川署が裏付けを進めている。 

時事通信



[「ゲームで自信あった」=ひき逃げ逮捕の女子中学生-大阪]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

お気に入り 43
いやぁ~名前は知っていましたが、聴いたのはつい最近

が初めてだったんですよ。

面白くてハマりそうなんですけど(笑)

彼らがあの○○○○○だなんてにわかには信じられませんね。

皆さんも聴いてみて下さいな♪



普段は地元仙台にいてもこんな訛ってる人はいませんけどね(笑)

でもどこか懐かしいんですよね♪



[お気に入り 43]の続きを読む

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽

たま駅長困惑、貴志駅に捨て猫急増 人気「仲間」も呼ぶとは…

三毛猫の「たま」が駅長を務める和歌山電鉄貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)に、今春から夏にかけ、相次いで子猫が捨てられた。たまは07年1月に駅長就任以降、写真集発売など人気を呼んで乗客増にも貢献。中には「たまみたいに可愛がってあげて」とメモが添えてあったが、同社は「たまの所なら育ててもらえると思うのは間違い。責任を持って飼ってほしい」としている。
これまで貴志駅に捨てられた猫は6匹。同社や引き取った県動物愛護センターによると、最初は5月24日、待合室で子猫2匹が毛布を敷いた段ボールの中で鳴いていた。同様に8月21日に2匹、同27日にも1匹。7月下旬には、生後2カ月程の子猫1匹が待合室のベンチにひもで結びつけてあった。

 貴志駅売店店主でたまの飼い主の小山利子さん(49)は「たまが、捨て猫だった『ちび』を育てたことが知られたためでは」と話す。

 猫の出産期は5~6月。8月27日を最後に捨て猫は確認されていない。同社は「猫を大切にすると思われてのことだろうが……」と困惑する。来年も同じころに捨てられないか心配し、8月下旬に貴志駅に張り紙をして、猫を捨てないよう呼びかけている。

毎日新聞



[たま駅長困惑、貴志駅に捨て猫急増 人気「仲間」も呼ぶとは…]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

国会質問とカネ うやむやに幕引きするな

国会議員が国会で質問をする。それは国民から選ばれた議員の権利であり、重要な役割でもある。

 国会議員は議院内で行った演説、討論について、院外で責任を問われないと憲法に保障されているのもこのためだ。
 しかし、その権利を特定の業界や団体の利益擁護のために行使したとすれば、話は別だ。そこに資金提供などの「見返り」が介在すれば、収賄罪に問われる可能性がある。汚職である

 1980年代の「撚糸(ねんし)工連事件」「リクルート事件」、90年代の「KSD疑惑」。金品を受け取って業界擁護の国会質問を行ったとして、与野党の議員が受託収賄罪で有罪となった過去の多くの事例をみれば明らかである。

 にもかかわらず、またまた、そんな疑惑を招く国会質問である。

 1人は民主党の前田雄吉衆院議員である。マルチ商法業界から千数百万円の献金や講演料を受け「(悪質な)キャッチセールスなどと一緒にされて業界は迷惑している」などと、業界を擁護する質問を繰り返していたと指摘されている。

 もう1人は野田聖子消費者行政担当相である。12年前の国会質疑で「消費者ニーズにかなっている」などと、マルチ商法業界擁護とも受け取れる発言をしていた。その後、関係業者にパーティー券16万円分を購入してもらっていたことを明らかにした。

 両氏とも献金やパーティー券購入と質問は「全く関係ない」と違法性を否定するが、それで納得する国民はいまい。

 マルチ商法は販売組織に加入した消費者が次々に会員を増やしながら、商品販売を拡大していく商法だ。違法ではないが、特定商取引法の規制は受ける。勧誘や返品をめぐるトラブルが多発し、国民生活センターには毎年約2万件の苦情や相談が寄せられているという。

 そんな問題の多い業界を擁護するような質問内容である。業界から頼まれての質問だったのではないか。献金やパーティー券購入の趣旨は何だったのか。疑惑や疑問がつきまとう。

 疑惑を指摘された前田氏は離党し、次期衆院選への不出馬を表明した。選挙での民主党への悪影響を考えて「身を引いた」ということだろうが、それで幕引きを図ろうというのであれば、疑惑は一層深まる。

 野田氏は「勉強不足だった」と、反省の言葉を述べたが、いまは消費者問題の担当相である。「軽率だった」で済まされる立場ではない。不明朗な関係はないと言うのなら、自らそれを証明するために説明責任を果たすべきである。

 それでなくとも、業界や団体からの献金にはうさんくささがつきまとう。当事者の説明だけでなく、国会での事実関係の解明も求めたい。

 衆院解散でうやむやに終わらせるようでは、国民の政治不信はさらに募る。

西日本新聞


[国会質問とカネ うやむやに幕引きするな]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

政府、2年ぶりに拉致対策本部 被害者の早期帰国目指す

政府は15日、全閣僚をメンバーとする拉致問題対策本部(本部長・麻生太郎首相)の会合を首相官邸で開き、拉致被害者の早期帰国を目指す方針を確認した。同本部の会合は2年前の初会合以来、2回目。米政府が北朝鮮に対するテロ支援国家指定を解除したことを受け、“休眠状態”にあった拉致対策本部を再稼働させることで、引き続き北朝鮮に拉致問題の解決を厳しく迫っていく麻生政権の姿勢を内外にアピールする狙いがある。

 首相は席上、「事件発生からすでに30年という時間がたっている。(被害者家族は)かなりの年配ということもあり、一刻の猶予も許されない」と強調した。そのうえで「日本は日朝関係を前進させる用意があるとずっと言っている。待っているのは北朝鮮の行動であり、早急な帰国実現を強く求める」と述べ、拉致被害者の再調査委員会の設置など北朝鮮側に具体的な行動をとるよう求めた。

 会合では、平成18年10月にまとめられた「今後の対応方針」を基本的に踏襲することを申し合わせた。拉致、核・ミサイルなどの諸懸案を包括的に解決する一方、「不幸な過去」の清算と拉致問題の解決により、日本と北朝鮮の国交正常化を図るという基本方針も確認した。

 さらに、米国が北朝鮮に対するテロ支援国家指定を解除したことが拉致問題に与える影響についても意見交換した。

 同本部は、安倍内閣発足直後の18年9月に設置されたが、同年10月の初会合以来、開かれていなかった。同本部のもとに設置されている関係府省庁の局長級の対策会議も安倍政権下では3回開催されたものの、福田内閣時代には1回しか開かれていなかった。河村建夫官房長官は15日の記者会見で、同本部会合の開催について「全閣僚の意思統一が必要だ」と説明した。

産経新聞



[政府、2年ぶりに拉致対策本部 被害者の早期帰国目指す]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

銀座路上で女性拉致、乱暴後に路上放置

東京・銀座の路上で女性を車に拉致し、乱暴したなどとして、警視庁捜査1課と葛飾署は8日までに、逮捕監禁や集団強姦(かん)致傷などの疑いで東京都足立区保木間、無職坂井正之(36)、同区南花畑、会社員今中宏樹(36)ら3容疑者を逮捕した。いずれも容疑を認めている。調べでは、坂井容疑者らは共謀し昨年10月1日未明、中央区銀座2丁目の路上で20代アルバイト女性を乗用車に押し込み、今中容疑者宅に連れ込んで乱暴。現金1万8000円やバッグを奪い、埼玉県八潮市の路上に女性を置き去りにした疑い。3人は同級生や仕事仲間。警視庁は運転役として、別の男1人の関与を調べている。女性は知人と飲食後、友人の迎えを待っていた。女性の供述などから坂井容疑者が浮上した。

スポーツニッポン


[銀座路上で女性拉致、乱暴後に路上放置]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

<中川財務相>参院本会議でワンセグ観賞 江田議長に陳謝

中川昭一財務・金融担当相は8日、3日の参院本会議の代表質問中に、閣僚席でワンセグ放送を携帯電話で観賞していたとして、江田五月参院議長に「院の権威を汚し、誠に申し訳なかった」と陳謝した。参院は携帯電話の持ち込みを原則禁じている。

 8日発売の週刊誌「週刊新潮」に、中川氏がテレビ観賞している様子が掲載された。同日開かれた参院議院運営委員会の理事会で、野党側から「非常に問題がある」との批判が相次いだ。このため西岡武夫委員長が理事会に同席した松本純官房副長官を通じ、中川氏の謝罪を求めた。

 与謝野馨経済財政担当相も8日、江田議長と西岡委員長を訪ね、「中川氏が見ていたのは、私の携帯電話でした」と告白。与謝野氏は、テレビ中継で国会審議の様子がどう映っているのかを中川氏と確認していたと説明したうえで陳謝したという。

毎日新聞



[<中川財務相>参院本会議でワンセグ観賞 江田議長に陳謝]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

日本経済は底堅く健全=与謝野担当相

与謝野馨経済財政担当相は7日の閣議後会見で、米国発金融不安による世界同時株安や円高進行が日本経済に与える影響について、よい材料はそろっていないが、日本経済自体は底堅く健全であるとの見解を示した。
 外為市場で円高が進んでいることに関連して、相対的に安全な円が買い進まれているとの認識を明らかにした。
 米金融安定化法案が成立したにもかかわらず6日のNYダウが一時4年ぶりの安値を付けたことについて与謝野担当相は「金融安定化法は有効な法律だが発動までには時間がかかる。また資本注入が必要と多くの人が感じている状況で、(米)株式市場はまだやらなければならない対策があることを発信している」と述べる一方で、「いずれ(金融機関への)資本注入が必要になってくることは米国もよく知っている」と語った。
 一方、円高進行については「世界各国の通貨のなかで相対的に安全で円買いが進んでいる」と指摘。
 世界同時株安や円高が日本経済に与える影響については「欧米経済のこれからくるであろう不振やそれに伴う中国・東アジア経済(の減速)によって、外需が落ち込む。円高によっても外需が若干落ちる。いい材料はそろっていないが、日本経済自体は底堅く健全だ」と述べた。とりわけ日本の金融システムが諸外国に比べ「健全である」とし、「他の国に比べ落胆する要素はない」と述べた。
 追加経済対策に関しては「まだ注文はきていないので動いていないが、党の方ではその必要性を感じている人が日に日に増えている」と述べ、前向きに検討する姿勢をにじませた。

ロイター



[日本経済は底堅く健全=与謝野担当相]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

石井慧、柔道連盟にプロ格闘家転向の意向伝える

全日本柔道連盟の吉村和郎強化委員長は6日、北京五輪100キロ超級で金メダルを獲得した石井慧選手(21)から、総合格闘技へ転向する意向を伝えられたことを明らかにした。吉村氏は慰留しない考えを示しており、強化指定選手から外す方針を明らかにした。石井の去就が注目される。

吉村氏によると石井は5日の世界選手権団体戦(東京武道館)終了後、「総合(格闘技)に行きたい」と希望を伝えた。吉村氏は「本人の意志が固いなら仕方ない」と慰留の意思が無いこと示唆し、今後強化選手として扱うことは「頭の中にはない」と述べた。

 石井は世界選手権団体戦の代表に選ばれながら、股関節の故障のため欠場していた。同日、一部報道でプロ格闘家に転向すると報じられたが、この時は「プロになる気はない。本当に言っていない」と全面否定していた。

 石井は、清風中1年から柔道を始め、清風高1年途中から東京の国士舘高へ転校。国士大へ進み、06年全日本選手権で19歳の最年少優勝記録を飾った。同年アジア大会100キロ級で銀メダルを獲得したあと、07年10月から100キロ超級へ転向。同年嘉納杯、4月の全日本選手権で優勝し、北京五輪代表を射止めた。得意技は寝技、体落とし。1メートル80。

サンケイスポーツ



[石井慧、柔道連盟にプロ格闘家転向の意向伝える]の続きを読む

テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース

久しぶりに感動するレースだった!

     スプリンターズS、スリープレスナイトが5連勝で戴冠

5日、中山競馬場で行われた第42回スプリンターズS(3歳上、GI・芝1200m)は、上村洋行騎手騎乗の1番人気スリープレスナイト(牝4、栗東・橋口弘次郎厩舎)が、6番手追走から直線で力強く伸びると、外から伸びた2番人気キンシャサノキセキの追撃を1.1/4馬身差抑え優勝した。勝ちタイムは1分08秒0(良)。さらにクビ差の3着に6番人気ビービーガルダンが入った。

 勝ったスリープレスナイトは、父クロフネ、母ホワットケイティーディド(その父Nureyev)。叔母にヒシアマゾン(エリザベス女王杯-GIなど重賞9勝)、近親にアドマイヤムーン(ドバイデューティフリー-首G1など重賞8勝)がいる血統。

 07年1月にデビュー。3戦目で初勝利を挙げると、7月の越後S(1600万下)を3連勝で制してオープン入り。今年は京葉S(OP、中山・ダート1200m)を日本タイレコードで快勝し、CBC賞(GIII)で重賞初制覇。前走の北九州記念(GIII)も勝ち、重賞2勝を含む4連勝中だった。通算成績16戦9勝(重賞3勝)。

netkeiba.com


[久しぶりに感動するレースだった!]の続きを読む

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

武豊を超える男!? 三浦皇成G初騎乗決定!!

競馬にあまり興味がない方でも、少し前ならオグリキャップ、最近であればディープインパクトといった馬名はご存知の方が多いだろう。そして、両馬に跨っていた騎手武豊は、大抵の方がご存知であるに違いない。

かつて、現在映画やドラマの脚本家として活躍されているとある方がひっそりと運営していた個人サイトの日記で、その方がディープインパクトの凱旋門賞挑戦に触れて、「実はディープインパクトよりも、今後武豊のような騎手が現れる可能性の方が少ないのではないか」といった旨のことを書かれており、確かに――と頷かされた記憶があるのだが、もしかしたら、ディープインパクト級のサラブレッドが再び現れる前に、現在の日本競馬界において、第二の武豊となりうる可能性をもった新人騎手が登場したのかもしれないのだ。

その新人騎手の名は、三浦皇成。この名前は是非覚えておいていただきたい。

武がデビューした1987年に挙げた勝ち星は69勝。正直なところ、この数字が破られることは2度とないと思っていたのだが、三浦は9月21日の開催が終了した時点で、残り3ヶ月以上を残し、武にデビュー年の最多勝記録を破られた加賀武見元調教師が60年に記録した58勝を既に上回る59勝を挙げている。これは、今後2日に1勝のペースで勝ち星を挙げれば易々と記録を更新できる計算で、怪我や長期の騎乗停止がなければ、最早記録の更新は間違いなしと見られている。

競馬ファンの方以外には馴染みのない名前で恐縮だが、かつてオールドファンが天才騎手といえば誰もがその名を挙げた福永洋一という騎手がいた。福永は落馬事故により引退を余儀なくされたが、その息子である祐一が、現在JRAの騎手として活躍している。祐一はデビュー戦から2連勝を飾り、天才二世として一般のニュース番組のスポーツコーナーなどでもその様子が取り上げられたが、それでもデビュー年の勝ち星は53勝に止まった(止まった、と言うのが憚られるほどの素晴らしい数字なのだが……)。


そして、そんな三浦が10月5日に行われる、秋の短距離王座の座を賭けたGレース・スプリンターズステークスにおいてG初騎乗を果たすことになったのだ。ちなみに武がG初騎乗を果たしたのは、デビューした87年11月8日の菊花賞であるのだが、この当時はスプリンターズステークスが現在の時期に行われておらず、秋のGシリーズ開幕を告げるレースが10月末に行われる秋の天皇賞であったため、比較することはできないのだが、GII・GIIIを含めた重賞レース(厳密には国際交流競走を除き、GではなくJpnと表記するように改称されているのだが、ここではGで統一する)においては、三浦は武よりも早くに初勝利を挙げている。

三浦の騎乗が内定しているプレミアムボックスは、春の短距離王決定戦であるG高松宮記念において10着に敗れてはいるものの、そこで優勝したファイングレインが休養を挟んで迎えた秋初戦のセントウルステークスで9着に破れ、高松宮記念で1番人気に支持され3着に破れたスズカフェニックスも、武騎乗で1番人気に支持されるも8着に破れるなど、今秋の短距離路線は本命不在の混沌とした争いになることが予見される。三浦にG初騎乗初勝利という究極の大偉業を期待せずにはいられない向きも多いのではないだろうか。かくいう筆者もその1人だ。

武が、スプリンターズステークスと同日に、フランスのロンシャン競馬場にて行われる凱旋門賞にて、メイショウサムソンに騎乗することが決定しているため、去年のような馬インフルエンザ問題などがなければ、三浦と武の対決は実現しない運びだが、とにもかくにも、サムソンの走りも含めて、10月5日は競馬界において、歴史に刻み込まれる1日になるやもしれない。日頃競馬に親しんでいない方にも、是非注目していただきたい。

ツカサネット新聞


[武豊を超える男!? 三浦皇成G初騎乗決定!!]の続きを読む

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。